日本一の湖を堪能する

大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・三重県・滋賀県・和歌山県の2府5県で構成されている近畿地方。

大阪府、京都府、奈良県と観光名所で知られるこれら三県に比べ兵庫県、三重県、滋賀県、和歌山県と言うのはなかなか行く機会の少ない県の一つではないかと思います。

ただ滋賀県は琵琶湖が有名ですし、内陸県でありながら琵琶湖があるために漁港を持ち、漁業・農業を中心として生活基盤を確保し、更には環境先進県として新しいエネルギー開発を筆頭にバイオ、水処理、省エネと言ったような最先端技術を駆使し、GDP比でトップ点以内を確保するなど全国においてもトップクラスの経済圏であります。

また、失業率も低く、滋賀県に住めば安定した生活を手に入れる事も難しくはないかもしれません。

観光するには見どころが少ない県ではありますが、生活するのには最適と言うのが滋賀県の特徴であり強みと言えるのかもしれませんね。

むしろ観光立件では無いということが分かっていたからこそ、これだけ産業が発展し、安定した仕事を手に入れると言う原動力になった可能性もあると言えます。

観光に行ったら思わず一生住みたくなるような居心地のいい滋賀県に皆さんもぜひとも一度は足を運んでみると良いと思いますよ。