独特のイントネーションが心揺さぶる

近畿地方と言えば大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・三重県・滋賀県・和歌山県の2府5県の事を言い、その中でもメジャーな存在となっているのはやはり大阪府、京都府、奈良県と言うことになるのではないかと思います。

その中でもやはり日本を一番感じる地域と言えばやはり京都府ではないかと思います。

まず独特のイントネーションが心揺さぶられると言う方も少なくないのではないかと思います。

大阪弁と言いまわしは同じなのですが、イントネーションが違うので大阪弁よりも柔らかく聞こえる、優しく聞こえると言う事もあり京都弁を話すと言う事だけで他の県から好まれる話し方の上位に入るようです。

確かに舞妓さんなどの喋り方を思い返していただくと良く分かると思いますが京都弁は女性をより女性らしく見せることができますし、上品な感じがします。

これだけでも京都に行って良かったと思う点でもありますが、他にも京都には数多くの世界遺産(世界文化遺産)が登録されており日本各地だけでなく世界中からバックパッカーーであったり観光客が多く訪れる地域となっています。

清水寺を始め、延暦寺、賀茂別雷神社と言ったように寺や神社が多く残されているのも特徴で京都府の魅力を存分に醸し出していると言えます。